どこにお願いするか、何をお願いするか

専門だから

不要なものを安くても買取ってくれるリサイクル業者や、処分してくれる回収業者を利用することは、まず思いつく方法ではないでしょうか。
これらの業者は、不用品回収を専門に行っているわけですから、見立ても仕事も早くて的確です。
特にリサイクル業者は、こちらが粗大ごみとして処分するしかないと思っているようなものでも、意外と買取ってくれることもあるようです。
回収業者も良心的なところであれば、いくらか割引してくれたり、ある程度融通してくれることも。
利用する場合はまず見積もりを取ることから始めますが、必ず複数の業者に依頼するようにしましょう。
お得に処分することを考えるのではなくて、あくまで「適正」に処分することを目標にしましょう。

仕訳がキーになる

不用品の種類、仕訳方がとても大切であるという事は、前述のとおりです。
新居に持っていくもの、自分はもう使わないけれど再利用できるもの、本当に処分する道しかなさそうなもの。
大別するとこんなところでしょうか。
でも実際に仕訳をしていくと、なかなか思い切れないものも出てきますよね。
いつまでも迷っていると片付かないばかりか、他の作業も滞ってしまいます。
片づけなければならないタスクがなかなか減っていかないのは、それだけでストレスにもなります。
最終的なゴールは無事に引っ越しを済ませることですから、不要品の仕訳と処分はきちんと、でもテキパキと済ませなければいけません。
全体の流れの中で効率的に片づけられるように、計画的に作業を進めたいですね。


シェアする

B!