ストレスがかからないように

自治体の粗大ごみ回収

一番身近で確実な処分方法として、お住いの自治体の粗大ごみ回収があります。
地域によって粗大ごみの基準や申込み方法は違いますが、申し込みを断られることはありませんから、業者に買取や引取りを断られたものを処分に出すのには適しているでしょう。
どう処分すればいいのかわからないものも、相談すると教えてくれますし、処理できないものであれば、自治体と連携している処理業者を教えてくれたり、力になってくれます。
日にちが指定できない事がほとんどですので、都合が合わないとちょっと面倒ですが、そういう時に便利なのが、処理施設に自分で搬入することです。
運搬用の車や人手が必要な場合もありますが、受付時間帯に持っていけば処分してくれるので、すぐに片づけたい場合は活用したいですね。

引っ越し業者さんにお願い

単に引っ越し作業をしてくれるだけでなく、荷造りや荷解き、他にもいろいろなサービスを展開している今の引っ越し業者は、不要品を引き取ってくれることもあります。
物によってはサービスで対応してくれることもあるので、是非相談してみましょう。
対応してくれるのであれば、引っ越し当日に全部持って行ってくれるわけですから、それ以上何もする必要もありませんので、とっても楽ですよね。
忙しい中で引っ越しを決めて、荷物の整理や荷造りだけでなく、各種手続きも済ませなければいけませんから、少しでも手間を省くという意味では、引っ越し業者さんにお願いできるのは一番良いことではないでしょうか。
そのために、多少経費がかかることは、想定しておく必要がありますね。


シェアする

B!