引っ越しというイベントの中での不用品処分

再利用できるものと本当に処分しかないもの

誰が見ても明らかに処分するしかないというものと、ちょっと修理したりきれいに整えればまだ使えるものなど、家の中にはいろいろなものがあると思います。
引越しをきっかけにしてそうしたものの整理をして、適切に処分することがミッションですが、その仕訳がなかなか厄介です。
細分化しようと思えばいくらでもできることですから、線引きをきちんとしてから確認していかなければいけません。
また、処分の方法についてもいくつかありますから、その仕訳も合わせてする必要があります。
掛かる費用や手間、人手なども合わせて考えなければいけませんから、想像よりも実際の作業は面倒なことが多いものです。
地道に作業できるところまででいいと、割り切ることも大切です。

期限があるから

引っ越すという事は、住んでいた場所から離れるわけですよね。
引っ越し日はいうなれば、不要品処分の期日ということでもあります。
また、不要品引取りに関しては、日にち指定できない事も多いので、次の回収日にはもう引っ越していてここにはいない、という事も十分あり得ます。
例えば、引っ越し当日に粗大ごみの回収日を充てられるように依頼したり交渉すると、理想的な処分と引っ越しタイミングを考えて計画すると、スムーズに片づけられます。
引越しではなく不要品を片づけようとすると、期限がないのでなかなか重い腰が上がらないこともありますが、引っ越し日が決まってしまっているのなら、逆に腹を据えて仕事が進められるという利点にもなります。


シェアする

B!