決めるぞ!という気持ちが大切

不用品をどう処分するのか、結構頭の痛いことですよね。
それが引っ越しのタイミングとなると、品物の数が多かったり、やることはたくさんあったりで、部屋が片付かないのでなかなか落ち着きません。
引っ越しという大きな流れの中で片づけることになりますから、それだけに集中していくわけにもいきませんし、引っ越し当日までに終わらせなければいけないことですから、いかに効率よく、無駄なく動けるかにかかってきます。
そのためには下調べと準備が欠かせません。
なんとなくイメージするのではなくて、住んでいる地域の粗大ごみ回収についてや、リサイクルショップ、引っ越し業者などの基本的な情報を収集し、それにどう当てはめていくか考えながら、家具や不用品の仕訳を行います。
これが結構手間がかかり、途中で飽きてしまうと、引っ越し自体が面倒に感じてしまいます。
逆に言えば、不要品の処分さえスムーズにできれば、引っ越しはだいぶ楽になるという事です。
全て処分して、新しいものに買い替えるのであれば、まとめて取り扱ってくれる先を探すことができます。
でも、経済面でも新居の都合でも、なかなかそう簡単にはいかないことが多いですよね。
まだ使えそうなものや愛着があるものは、持っていきたいと思うのも自然なことです。
地球にやさしい引っ越しをしたいとも思いますよね。
どうすれば上手に不用品を処分することができるでしょうか。
引っ越しという作業の中で、どうすればいいのかを考えてみました。

引っ越しというイベントの中での不用品処分

じっくりと時間をかけたいところですが、仕分け作業には期限があります。 ある程度の妥協は許容範囲として、あまり緻密に作業しないほうがストレスもかかりにくいでしょう。 処分方法にこだわりすぎると、なかなか片付かなくなってしまいますから、あくまでタスクとして淡々と作業するのも有効です。

ストレスがかからないように

いらないものは片っ端から無くしたいと思う心理、ありますよね。 大型不用品として市区町村の職員に回収を任せれば、民間にお願いするよりも安価に住みますし、持ち込めば当日にはすっきりできます。 逆に計画が面倒な場合は、引っ越し当日にまとめて処分してもらえるように引っ越し業者にお願いしてみましょう。

どこにお願いするか、何をお願いするか

民間のリサイクル業者や廃品回収サービスは、ネットで見積もりが取れたり、物によっては買取ってくれることもありますから、とても便利ですよね。 どこにお願いするにしても、引っ越しをするのはあなたですから、しっかりと準備しましょう。 仕訳次第で、その価値も変わってきます。